亀居城(西国街道)

安芸国と周防国の境にある安芸国西端の防御拠点。関ヶ原西軍の毛利隆元は周防に減封され、安芸に入った福島正則が西の備えとして街道沿いに5年をかけて1608年に完成した城。幕府の圧力により、1611年取り壊し。

海に浮かぶ宮島の西端の革篭崎(こうごさき)。重なって可部島。遠くに見えるのは江田島市西能美島。

Google地図の俯瞰図です。

いつもマイナーな話題ばかりで恐縮です。読んでいただきありがとうございました。

亀居城(西国街道)」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中