鴨居 浦賀の干鰯問屋跡

観音埼灯台から浦賀水道を眺める。漁船と、浦賀航路を往来する貨物船

東京湾口の観音埼から浦賀の方へ、海際を歩いている道中、ヲタクアンテナにビビビと入感、ちょっと歴史のありそうな町がありました。鴨居といいます。天然の入り江に波穏やかな鴨居港があり、ひっくり返して甲羅干しされている船を散見します。港の周辺に寺社や旧家が軒を連ねます。これは絶対に古い港町です!

この鴨居に、直近では幕末に江戸湾の海防のため会津藩士がここ鴨居に呼び寄せられ、任務を果たし、当地で没し西徳寺などに葬られました。

もう少し時代を遡るとここ鴨居は、三浦党の拠点の一つでありました。三浦党は桓武平氏良文流で、世にいう坂東八平氏の一つ、武蔵七党と併記される関東地方土着豪族で、上総、千葉、三浦、土肥、秩父、大庭、梶原、長尾の八氏を坂東八平氏と呼びます。関東土着のかれらが鎌倉幕府の草創に加わりました。三浦党の根拠地は三浦半島です。三浦義明の息子の一人多々良義春が鴨居を支配していました。

三浦党は水軍を擁しました。瀬戸内の水軍や、平戸唐津呼子の松浦水軍を擁する松浦党から連想すると、舟運と海軍力で陸上勢力と結びついた、瀬戸内の村上氏や平戸の松浦氏のような感じでしょうか。守備範囲は江戸湾から三浦半島、そして南房総にも拠点がありました(戦国時代には南房総は里見氏の里見水軍になりますが正木氏は三浦党出身と言われます。里見氏と正木氏(館山市立博物館が発行した「さとみ物語」のテキスト版より)。

瀬戸内の水軍は港と港町を拠点として確保し、島の多い瀬戸内の岩礁等難所を中心に関を設け、通りかかる船に浅瀬を教えたり水先を案内をし帆別銭という通行料(サービス料、すいません海賊贔屓です)を取りました(良く言えばいまでいう海上交通センターみたいな役割もしていました)。海賊という悪いイメージは、陸の支配者のラベルで、徴税に従わず、武力をもつ独立勢力を”悪党”呼ばわりするのは世の常です。太閤検地刀狩りと同時に発された海賊禁止令がでるまでは、瀬戸内水軍は権力に阿らない独立勢力でした。

三浦家がどのような運命をたどって、あとの時代に後北条家によって、長い籠城戦の末に滅ぼされたのか、そして三浦家がどのような海上勢力であったかなど、興味がつきません。三浦家のなぞとして現在三浦姓の分布が東北に多いことと、大分にも飛び地的に三浦さんがいることです。発祥は三浦半島、しかし本家は北条家に滅ぼされました。元々の支配域が広かったのか(海の民だから行動範囲がひろかった?)、東北に新天地をもとめたのか、調べたら面白そうです。

鴨居の町を歩くと、臼井と表札のかかった立派な家や、臼井不動産、など、臼井さんの多いまちだな、と帰って調べると、臼井(大黒屋)儀兵衛という人が廻船業を営んでいたことを知りました。臼井儀兵衛さんは房総半島の出身で、千葉常胤の流れをくみ、千葉家と同じ「月星紋」を使っているとのことです。三浦家も千葉家も関東八平氏どうしです。江戸期に活躍した臼井儀兵衛さんは米穀・食塩・肥料を広範囲に商ったとのことです。肥料といえば房総九十九里浜の干鰯(ほしか)、これも荷として浦賀の干鰯問屋に運んだのでしょう。明治時代には貴族院多額納税者議員、浦賀銀行頭取、浦賀船渠監査役などをされています。

東浦賀新町。干鰯問屋のあった街路に残る、房州石でできたような色合いの石蔵。

浦賀駅にて。帰りの電車。京急の赤はカッコイイ。三浦について勉強したので、別名「三浦鉄道」でもいいような気がしてきました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中